ノロウイルスの予防を毎日行なうと感染を防げる!

男の人

細菌性とウイルス性の違い

鼻をかむ婦人

ノロウイルスは細菌性とウイルス性の2種類あり、それぞれの種類によって予防方法は異なります。それぞれのタイプについて詳しく知って、適切な対策を行なわなければなりません。

もっと知ろう

感染力のあるウイルス

ウィルス

近年大きな注目を浴びたノロウイルスは、小腸粘膜でウイルスが増殖したことによって引き起こされる病気です。11月~3月の寒くなる時期に患者数が増加する傾向が見られます。感染力が非常に強いですので最初はウイルスが少なくても、数時間で倍以上に増殖するという特徴があります。体の弱い幼児や高齢者などがとくに感染してしまうので、保育園や高齢者施設の利用は十分に注意しておかなければなりません。集団感染しないようにするためにも徹底した予防を行なう必要があります。

ノロウイルスの潜伏期間は1日~3日程度となっており、潜伏期間を過ぎると嘔吐や下痢、腹痛や発熱といった症状が現れます。腹痛や発熱は症状としてひどくありませんが、嘔吐や下痢は激しく、続いた場合は脱水症状を引き起こしてしまう危険性もあるのです。こまめに水分補給をして、脱水症状が起こらないように予防をする必要もあります。もしも、症状が収まらない場合は専門の医療機関を受診するようにしましょう。

感染力が強いからこそ他人からうつらないように、そして、自分もうつさないように注意しておかなければなりません。様々なところから感染してきますので、手洗いやマスクの装着など自分でできる予防を行ないましょう。近頃はノロウイルス対策になる消毒剤なども販売されていますので、それを利用するとさらに予防できるでしょう。
まずは、人が多いところに行かない、食事の衛生管理には注意をするなどの基本的なことを守るのも大切です。

消毒液が重要

風邪をひいた男女

手洗いやアルコール消毒が基本となっていたノロウイルスの予防方法ですが、次亜塩素酸ナトリウムの方が効果的です。自宅で簡単につくることができます。ノロウイルスの症状をいち早く知るのも感染を防ぐひとつの手です。

もっと知ろう

トイレの消毒が肝心

頭を押さえる女性

トイレ掃除だけでなく、消毒もすることがノロウイルスの予防に繋がります。便座や手すり、ドアノブには目には見えない菌がたくさん付着しているため、消毒液を吹きかけたペーパータオルで拭きとる必要があります。

もっと知ろう