ノロウイルスの予防を毎日行なうと感染を防げる!

レディー

細菌性とウイルス性の違い

鼻をかむ婦人

ノロウイルスには細菌性とウイルスの2種類あります。細菌性の場合は細菌が繁殖した食事を口にすることで感染します。夏場などの蒸し暑い時期は食材が傷み細菌が繁殖しやすいため、傷まないように冷蔵庫に入れるなどして対策をしましょう。
ウイルス性の場合は人からの二次感染がほとんどです。こちらは冬場に流行することが多いです。年中感染してしまう恐れがあると考えて予防をしなければなりません。

細菌性のノロウイルス予防方法は、手洗いが基本となります。食べ物は手から口の中に入るため菌が付着しています。その菌が体内に潜伏してドンドン繁殖してしまうのです。ですから、手洗いは絶対しておきましょう。手洗いの方法はまず石鹸を泡立てて、手全体を洗います。そして指1本1本、爪の中などもこまめに綺麗にします。そうすることで細菌を落とすことができるのです。さらに本格的に手洗いをしたいと言う方は、手の付け根まで洗うと良いでしょう。
他には食品をしっかり加熱するなどもすることで予防に繋がります。

ウイルス性のノロウイルスの場合は、細菌性よりも強い感染力が特徴的と言われています。ノロウイルス感染者の嘔吐物や便などに触れるとすぐに感染してしまうでしょう。ウイルスは空気にも漂っているため、その空気に触れただけでも感染するのです。ですから、嘔吐物や便を片付ける時は、使い捨て手袋やエプロンを装着して作業を行ないましょう。また、マスクも装着して空気感染をしないようにもしましょう。
このようにノロウイルスのタイプによって予防方法は若干変わってきます。